バストアップラボ

小さな胸にコンプレックスを抱いていても、遺伝の問題だか

小さな胸にコンプレックスを抱いていても、遺伝の問題だから仕方ないと考える女性もたくさんいるかもしれません。


実はバストの大きさは遺伝というよりむしろ生活環境による影響が大きいようです。

ですから、整形に頼る前に、普段の生活を見直してみるべきかもしれません。

実はバストアップを妨げる生活習慣を行っているせいで、胸がAカップなのかもしれないです。もしバストアップに興味があるなら、湯船につかる習慣をつけてみませんか?湯船につかれば血の巡りが良くなりますから、胸に栄養が届きやすい状態にすることができます。



さらにこの状態でバストアップのためのマッサージなどを行うとより一層、効率よくバストアップすることができるでしょう。


お風呂につかるだけの時間が持てないという時は、シャワーでバストの辺りを軽くマッサージするだけでも効果を狙うことができます。

女性の間でバストアップのための食材として、真っ先に挙げられるのは豆乳でしょう。

ご存知のように豆乳が含んでいる大豆イソフラボンという成分は、女性ホルモンと同様の作用があるといわれているのです。



昔と違い、最近は飲みやすい味の豆乳も作られるようになっていますから、豆乳を積極的に食生活に取り入れるのも効果的でしょう。

でも、いっぱい飲めばいいというわけではいけません。バストをアップさせるクリームには女性ホルモンを多く出させる成分が配合されているため、胸を大きくするという効果が期待できるでしょう。
ただバストアップクリームを塗るだけで無く、ソフトにくマッサージすることで肌への浸透を高める方が効果がわかりやすいでしょう。とはいえ、使用したらすぐにサイズアップするわけではありません。



近年では、胸が大きくならないのは、親からの遺伝というよりも生活習慣が類似していることが原因というのが広く認知されるようになってきています。


不適切な食生活や運動不足、不規則な睡眠などが、胸の成長を止めてしまっていることもあります。


親子、姉妹間のバストサイズの違いは、多くみられる傾向ですから、成長する可能性があります。バストアップの方法は様々ですが、地道にコツコツがんばるやり方が最も低価格で、体への心配もありません。

でも、一刻も早く胸を大きくしたいのならば、ひとつの選択としてプチ整形があります。お金をかけることになりますが、確実に胸を大きくすることができるでしょう。また、胸を大きくするためのサプリを使うことをおすすめします。



継続的なバストアップエクササイズをすることで、胸を大きく育てる方法になるでしょう。

豊かなバストで知られるグラビアアイドルがどの方法が続けられるかを考えて諦めずに継続することがとても重要です。

胸を大きくしたいとお考えなら、筋トレも試す価値があります。

筋トレで鍛えた筋肉がバストを支えてくれるので、バストアップにも繋がりやすくなります。


ただ、筋肉を鍛えるだけではバストアップへの効果が見えにくいので、他の方法での取り組みも考えなければなりません。睡眠不足を避けることや、血行不良の解消も心掛けてください。
サプリを使用によるバストアップが効果的かというと、胸が大きくなったと感じる方が多いです。バストアップに効果的な女性ホルモンを分泌させる成分が含まれているサプリなので、飲むことで体内からバストアップ効果が期待されます。
気をつけていただきたいのは、女性ホルモンの過剰摂取となって、これまでは順調だった生理周期に乱れが生じることもあるという事例も見受けられます。
過剰に摂取したりタイミングを誤ることがないように十分に注意してください。バストのボリュームアップには腕を回すのが効果的だとされています。エクササイズでバストアップをするのは十分に時間が取れないと面倒に思うこともありますが、気軽に出来る腕回しなら時間も場所も選ばずに実践できると思います。

肩のコリもほぐれる腕回しは血液の循環も良くなりますし、筋肉トレーニングにもなるのではないでしょうか。

当然、バストアップにもつながります。